【イベントレポート】4月15日(土)奥多摩登山塾「初めて学ぶ読図講座」を開催しました。

奥多摩ビジターセンターの周辺もようやく春めいてきました。サクラの花も見頃を迎えています。

そんな中、4/15に今年度第1弾の自然教室として奥多摩登山塾「初めて学ぶ読図講座」を開催しました。

 

当日のは、午前中に座学にて読図の基礎を学んだのち、午後はフィールドである近くの愛宕山へ向かい、実際に読図を体験していただきました。

 

午前中の座学では、地形図とにらめっこしながら尾根線と谷線を引いてみたり、コンパスを使って現在地や目的地への進行方向を確認する練習を行いました。

午後のフィールドでは、各所でコンパスを使った進行方向の確認や山座同定に挑戦。眺めている山は地形図上のどの山なのか?を確認しました。

 

冒頭挨拶(ビジターセンタースタッフ)
冒頭挨拶(ビジターセンタースタッフ)
地形図に尾根と沢を書きこむ
地形図に尾根と沢を書きこむ
山の説明にはプロジェクターを使用
山の説明にはプロジェクターを使用
座学のあとはフィールドへ、いざ実践!
座学のあとはフィールドへ、いざ実践!

参加された方は皆さんとても熱心に取り組まれており、「コンパスの使い方が分かるようになった」「楽しく読図学べた」など感想を頂くことができました。

今回の奥多摩登山塾をきっかけとして安全登山について関心を持っていただければ嬉しいです。

 

なお、同じ内容の読図講座を今年の秋(9月)にも開催する予定です。お申し込につきましては当ホームページ表紙の[イベント]バーをクリックするか、

こちら(https://www.okutama-vc.com/)からご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています!