【自然情報】春欄満の浅間尾根

こんにちは。

412日、浅間嶺にて環境省奥多摩自然保護官事務所のアクティブレンジャーと共に自然情報収集調査や登山道の状況確認を行いました。登山経路は払沢の滝入口バス停から出発し、時坂峠、浅間嶺を経て上川乗のバス停に下山しました。

 

上りの際、浅間尾根の麓では道沿いにスミレ類などの花々がよくみられ、浅間嶺の手前の登山道ではカタクリが見頃で、まさに春欄満という感じです。

浅間尾根に咲くカタクリ 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所
浅間尾根に咲くカタクリ 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所

浅間嶺山頂から眺める御前山は堂々とした姿をしていますね。

浅間嶺から眺める御前山 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所
浅間嶺から眺める御前山 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所

 下りは南秋川沿いの上川乗バス停へ向かいました。植林の中を行く道が多くなりますが、それほど急な道ではありませんでした。今回のコースで登山道に問題も見られず、早春の花々を楽しむには恰好のコースだと思います。皆さんもぜひ訪れてみてください!