2017年

2月

24日

厳冬期の三条の湯~雲取山へ行ってきました【平成29年2月9日-10日】

 

雲取山へ登ってきました。

今年は西暦と標高の同じ雲取山へ登る方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回の調査コースは、

1日目:片倉橋~後山(うしろやま)林道~三条の湯にて宿泊

2日目:三条の湯~水無尾根~三条ダルミ~雲取山山頂

     その後、石尾根から下山

    今年限定の「雲取山西暦2017記念」の柱


三条の湯
三条の湯
三条ダルミ
三条ダルミ

 

 

 

 

一泊した三条の湯は原生林の中に建つ山小屋。標高1103メートル。

温泉は実にいい湯で、疲れがとれました。

 

翌日は、水無尾根から三条ダルミへ行き山頂を目指します。

夜に降った雪が厳冬の木々を真っ白に染めていました。

白銀の美しい景色を横に、山頂まで険しい道が続きます。


 

 

そして山頂!

 

標高2017メートルからの景色は格別です。

山頂からのすばらしい眺望を堪能!(山頂から奥秩父方面を望む)
山頂からのすばらしい眺望を堪能!(山頂から奥秩父方面を望む)

山頂からのすばらしい眺望を堪能!(山頂から奥秩父方面を望む)

 

何と、江の島まで見えました!

江の島
江の島
アイスバーンの様子
アイスバーンの様子

 

今年は雪の少ない奥多摩ですが、そうはいっても山の上では積雪やアイスバーンがありますのでアイゼンは必携です。

必ず六本爪の軽アイゼンをお持ちになって登山されるようにしてください。

 

雲取山など各山の積雪情報は奥多摩ビジターセンターへお問い合わせください。

 

以前の記事は過去のブログ一覧をご覧ください。