槇寄(まきよせ)山実踏調査に行ってきました【平成29年2月21日】

こんにちは。

積雪や登山道状況の確認で槇寄山(笹尾根)の調査へ行ってきました。

槙寄山は三頭山から高尾山までの尾根道の途中にある山で、南面(山梨方面)の眺望がとても良い山です。

この尾根は笹尾根と呼ばれており東京と山梨をつないでいた峠がいくつもあり、峠からの眺望も格別です。

富士山をはじめ、さまざまな山を見ることができるのでお勧めの場所です。

 

槇寄山からの眺望
槇寄山からの眺望

 

今回は仲の平バス停から槇寄山に向かい、浅間(せんげん)峠に行き上川乗バス停へ下山したのですが、

登山道に異常はなく、積雪もほとんどありませんでした。

あるとすれば、標高1000m辺りの日陰や北斜面で雪が見られる程度で積雪があると言えるほどではありませんでした。

 

 

登山道の様子
登山道の様子
踏み固められた雪
踏み固められた雪

 

しかし、登山道上に踏み固められた雪がしっかり残っている箇所もありました。

気温が高くても、登山道は凍結していることがあります。

登山の際は軽アイゼンを必ずお持ちください。

 

以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください。