高水三山実踏調査に行ってきました【平成29年1月18日】

こんにちは。

新年2回目の実踏調査で高水三山へ行ってきました。

高水三山とは、高水山(たかみずさん:標高759m)、岩茸石山(いわたけいしやま:標高793m)、惣岳山(そうがくさん:765m)の三山を指しています。

奥多摩の山の中では比較的標高が低く、コースタイムも短めであるため、季節を問わず多くの方が登山されています。また岩茸石山の山頂は視界が開けているため、素晴らしい眺望が楽しめる点も人気のひとつとなっています。

調査時に撮影した岩茸石山からの眺望
調査時に撮影した岩茸石山からの眺望

今回は多くの登山者が利用するJR軍畑(いくさばた)駅から出発し、高水山、岩茸石山、惣岳山を経由して御嶽駅に降りるルートを調査しました。

19日に降った雪が日の当たらない沢沿いや北斜面、岩茸石山山頂付近で少し残っており凍結している箇所も見られましたが、ほとんど雪はとけて土が見える状態でした。

雪が踏み固められ凍結した登山道
雪が踏み固められ凍結した登山道
岩茸石山の山頂(積雪は数cm程度)
岩茸石山の山頂(積雪は数cm程度)

登山道の凍結箇所は少ないものの、滑って転んでしまった際にケガまたは山岳事故につながってしまう可能性もありますので、必ずアイゼン(6本爪推奨)をお持ちください。

 

以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください。