2016年

12月

08日

氷川渓谷の今【平成28年12月8日】

こんにちは。

 

氷川渓谷の実踏調査に行ってきました。

先月までは赤に黄色にさまざまな色の葉で賑やかだったのですが、

だいぶ枝だけが目立つようになりました。

 

紅葉はもう終わりですね。

 

あんなにたくさんいたジョロウグモたちもいなくなり、

古巣には落葉した葉っぱが引っかかって道のまん中で浮いていました。

まるで、空中マジック!

 

風でゆらゆら揺れる葉っぱは

青い空越しに見るととてもきれいでした。

 

 

さらにこんなものを発見。

 

 

 

ペラペラですが、

おにぎりみたいな形です。

 

これはウバユリという植物の種。

 

先日、実踏調査に来たときには、

まだ実が裂けていなかったのですが…

 


実が裂けて、少し種が散っていました。


木々も落葉して、ジョロウグモたちがいなくなって、

ウバユリの種が散って…もう氷川渓谷はすっかり冬景色です。

秋の賑やかさを思い出して少し寂しくなりますが、

冬のツーンとするような寒さの中を散策するのもなかなか乙なものです。

 

人も少ないため、じっくりゆっくり冬探しができます。

 素敵な冬を見つけたら、ぜひビジターセンタースタッフにも教えてくださいね。

 お待ちしております!

 

以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください。