2016年

12月

01日

日の出山~麻生山(あそうさん) 眺望めぐりの山歩き【平成28年11月22日】

 人気のある日の出山の南東2キロ程のところにある麻生山。

山頂部(北東面)が広く伐採されたため、よい眺望が得られると聞き

ってきました。

JR青梅線の日向和田駅を出発して日の出山を経由、麻生山を目指します。

下山は金比羅尾根を辿ってJR五日市線の武蔵五日市駅まで歩きました。

 

 当日は快晴無風で暖かく、登山中は汗だくになることもあり、

防寒用に着込んだ衣類を全部脱いでも全然寒くない快適な一日を

過ごすことができました。

 

 多摩川を渡ってしばらくのところ、吉野梅郷にある「梅の公園」

あたりの紅葉が綺麗で、見頃になっていました。

また、朝の登り始めは霧が出ていたのですが、暫くするとそこに

太陽が顔を出しおかげでなかなか幻想的な光景を見ることができました。

幻想的な光景
幻想的な光景
梅野木峠付近の眺望(矢印は丹沢・相模大山)
梅野木峠付近の眺望(矢印は丹沢・相模大山)

 日の出山まではほとんど植林の中の登山道ですので、

上には太陽が燦々と輝いているのですが、日光はなかなか足元まで届きません。

植林の中の暗い道が多いですが、たまに展望が開けます。一方、足元も赤や黄で綺麗でした。


日の出山間近の急斜面の登りの後に見る日の出山山頂の眺望も格別です。

この辺りの紅葉は盛りを過ぎていました。

矢印は鷹ノ巣山(左)と雲取山(右)
矢印は鷹ノ巣山(左)と雲取山(右)
山頂風景
山頂風景

 日の出山を後にし、麻生山に向かいます。

 

 

麻生山山頂(794m)からの眺望

北東の眺望
北東の眺望
東の眺望
東の眺望
南東の眺望
南東の眺望

 すばらしい眺めです。

ほぼ180度、遮るものが全くない視界が開け奥多摩最深部の山々から

東京の市街地まで見渡せました。

 冬の快晴日には都心部のビル群、東京スカイツリーや東京タワーまでも

眺められるかもしれません。

 眺望を楽しんだ後は、金比羅尾根をのんびり武蔵五日市駅まで下りました。

金比羅尾根の路も植林が多々ありますが、日の出山までの道とはすこし趣が

異なる歩きやすい道です。植林の道でもあまり苦になりません。

道幅がやや広く、空間が確保されているからでしょうか?

広葉樹も多く、楽しめます。尾根の最後に金比羅山があります。

ここでは最後の展望を楽しむことができます。

 

 麻生山の眺望は素晴らしかったのですが、アプローチが長く、

一部かなり険しい路もありますので、経験のある方と一緒に十分な時間を取って

登山してください。

 

 

 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください 。