2017年

7月

16日

公開講座「雲取山って知ってる?~東京都最高峰の自然とそこから見えるモノ~」

今年は、西暦(2017)と東京都最高峰である雲取山の標高(2017m)の数字が一致する記念すべき年です。

みなさんは首都・東京に亜高山帯の大自然があることをご存知でしょうか。

本講座では、40年以上奥多摩の山と自然を見つめてきた奥多摩登山ガイドの堀口行雄氏をお招きして、知られざる奥多摩地域の山の魅力をご紹介いたします。

 

 ■開催日時:平成29826日(土) 10:00 ~ 12:00

 

 ■場所 : 日比谷公園 緑と水の市民カレッジ2

 

 ■講師 : 堀口行雄氏(奥多摩登山ガイド)

 

 ■参加費 : 無料

 

 

 ■申込方法 : HP申込フォームもしくは往復ハガキ

 

  ※詳しくはイベントページをご覧ください

 

  ■締切り : 平成29812日(土)必着

 

 ■定員 : 50名(応募者多数の場合は抽選)

 

 ■対象 : 小学生以上(小学生は保護者同伴)

 

 

 

  みなさんのご応募お待ちしております!

 堀口行雄氏

過去の雲取山写真(撮影:堀口氏)


   以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください 。

  

2017年

7月

14日

白丸湖遊歩道が通行可能になりました

 

平成23311日から長らく通行止めであった白丸湖遊歩道が、

本日(平成29714日)より通行可能となったため、調査に行ってきました。

 

開通した遊歩道を楽しむハイカー
開通した遊歩道を楽しむハイカー
白丸ダム堰堤から白丸湖遊歩道へ
白丸ダム堰堤から白丸湖遊歩道へ

 

大多摩ウォーキングトレイルの一部で、白丸ダムの堰堤から数馬峡橋の間の区間(1.1㎞)の遊歩道であり、

湖面を眺めつつ、なだらかな道を歩くことができるのが特徴です。

 

遊歩道は平坦で歩きやすい
遊歩道は平坦で歩きやすい
木橋の上は涼しい風が吹き抜けていた
木橋の上は涼しい風が吹き抜けていた

  

閉鎖の理由であった落石を防止する鉄製のネットが頑丈に張られており、安全に通行することができました。

 

設置された落石防護ネット
設置された落石防護ネット
遊歩道から見た白丸ダム堰堤
遊歩道から見た白丸ダム堰堤

  

開花植物は少なかったものの、ネムノキやギンバイソウなどこの時期ならではの花が見られました。

また、蕾をつけたタマアジサイも多く見られたので、7月下旬もしくは8月上旬になれば遊歩道を綺麗に彩ってくれることでしょう。

 

ネムノキ
ネムノキ
ギンバイソウ
ギンバイソウ
タマアジサイの蕾
タマアジサイの蕾

 

 これからジリジリと暑さが増していきますが、涼しげな白丸湖の湖面を眺めながらハイキングするのはいかがでしょうか?

 

奥多摩ビジターセンターでは白丸湖遊歩道を含む、大多摩ウォーキングトレイルのイラストマップをご用意しております。

また、当ホームページからもPDFでダウンロード可能です。※イラストマップのダウンロートページへ。

 

ぜひ、ご利用ください。

 

以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください。

2017年

7月

14日

【自然情報】東京最高峰!雲取山に登ってきました

 

 

73日~4日にかけて、12日で雲取山の登山ルートを調査してきました。

今回は、上りには利用者の多い鴨沢ルートを通り、七ツ石山を経て雲取山山頂へ。

2日目の下りには、石尾根を通って、鷹ノ巣山手前の浅間尾根から下山しました。

 

エゾハルゼミ(オス)
エゾハルゼミ(オス)
ニホンジカ(メス)
ニホンジカ(メス)

 

道中では、エゾハルゼミの鳴き声が森の中にひびき、奥多摩の夏を体感させてくれました。 

山頂の近くでは、スタッフの目前1mまでニホンジカが接近するという出来事も。この個体は、だいぶ人馴れしているようでした。

 

サラサドウダン
サラサドウダン
ニシキウツギ
ニシキウツギ

 

 

花の少ない時期だからこそ、尾根を彩るかわいいい花を見つけるとうれしくなります。

今回見かけたサラサドウダンは、東京都のレッドデータブックにも準絶滅危惧として掲載されている貴重な種です。

 

あと一息で山頂
あと一息で山頂
山頂は富士山が見えて絶景です
山頂は富士山が見えて絶景です

 

 

この日、都心では気温30℃を越える真夏日でしたが、標高1757.3mの七ツ石山山頂付近の気温は約20℃!
東京都庁の標高が約34mですので、比較すると七ツ石山との標高差は約1723m

気温減率により、標高が100m上がるごとに気温は約0.6℃下がります。

そのため、七ツ石山では都心と比べて約10℃気温が下がるため、

現地では、さわやかな風が吹いていました。

 

雲取山(標高2017.1m)はいわずと知れた東京都の最高峰 

山頂周辺では、コメツガやシラビソなど標高2000m前後ならではの自然を感じることができます。

 

また、今年は標高が西暦と一致するため、特に人気の高い山となっています。 

どのルートも長距離の山行になりますので、タイムスケジュールや体調など万全の準備で登りましょう。

詳しくは、「登山の心得(リンク)」をご覧ください。

 

以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください。

 

2017年

6月

07日

自然教室 奥多摩登山塾 「日没登山体験 ~夜の山を歩いてみよう~」のお知らせ

登山中に日の入りを迎えてしまったら…。

暗闇の中、安全に下山する方法を一緒に考えませんか? 

 

 ■開催日:平成29年7月8日(土)  

  

 ■場所 :青梅丘陵ハイキングコース(行程約6㎞ 標高差約150m)

      ※アップダウンを繰り返す場所があります。

       状況により、コース、集合時間などを変更する場合がございます。

 

 ■集合 : 軍畑駅   (JR青梅線)   17:10 

      

 ■解散 : 石神前駅  (JR青梅線)     20:20

 

 ■持ち物 :ヘッドライト、行動食、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、

       帽子、保険証等  ※ヘッドライトは必ずお持ちください。

 

 ■参加費 : 50円

 

 ■申込方法 : HP申込フォーム、または往復ハガキ ※詳しくはイベントページをご覧ください。

 

 ■締切 : 平成29年6月26日(月)必着

 

 ■定員 : 15名(応募者多数の場合は抽選)

 

   ■対象 : 小学生3年生以上(小学生は保護者同伴)

 

   ■当日の流れ(予定)

   17:10 軍畑駅 集合

       挨拶・準備運動

   17:35 榎峠

   19:00 日の入り時刻

       暗闇体験

         20:15 石神前駅着

                  まとめ・アンケート実施

         20:20 石神前にて解散

 

暗闇に包まれる登山道の様子


    ※雨天中止。前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率60%以上で中止させていただきます。

       また、状況によりスケジュールを変更する場合がございます。予めご了承ください。

 

 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください 。

  

2017年

5月

09日

自然教室 奥多摩登山塾 「道迷いスポットを巡る 」のお知らせ

緑が深まり多くの人で賑わう奥多摩の山ですが、道に迷い遭難する登山者が後を絶ちません。

なぜ道に迷うのか?過去に道迷いが起きた場所に赴き、一緒に考えませんか? 

 

 ■開催日:平成29年6月3日(土)    

 ■場所 :榧ノ木尾根周辺(行程約5㎞ 標高差約700m)

      ※コース上にトイレはありません。

 ■集合 : 女の湯バス停 (西東京バス)   10:00       

 ■解散 : 倉戸口バス停 (西東京バス)     16:10

 ■持ち物 :国土地理院発行の1/25,000地形図(奥多摩湖)の原本とコピーしたもの、

       昼食、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、帽子、筆記用具、保険証等

 ■参加費 : 50円

 ■申込方法 : HP申込フォーム、または往復ハガキ ※詳しくはイベントページをご覧ください

 ■締切 : 平成29年5月19日(金)必着

 ■定員 : 20名(応募者多数の場合は抽選)

 

 ■対象 : 中学生以上

 

 ■当日の流れ(予定)

   9:51    女の湯バス停で受付

   10:30    出発

   12:40    倉戸山

          昼食休憩

     13:10    道迷いスポットへ出発

      道迷いスポットを検証し検証後、倉戸山へ折り返し

     14:30    倉戸山

      道迷いスポットの検証

     16:00    倉戸口バス停

      まとめ・ふりかえり、アンケート実施

   16:10  解散 

平成29年4月17日 道迷いスポットの様子


    ※雨天中止。前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率60%で中止させていただきます。

       また、状況によりスケジュールを変更する場合がございます。予めご了承ください。

            ※遅くとも9:30奥多摩駅発鴨沢西行きの西東京バスにお乗りください。