2017年

4月

21日

【イベントレポート】4月15日(土)奥多摩登山塾「初めて学ぶ読図講座」を開催しました。

奥多摩ビジターセンターの周辺もようやく春めいてきました。サクラの花も見頃を迎えています。

そんな中、4/15に今年度第1弾の自然教室として奥多摩登山塾「初めて学ぶ読図講座」を開催しました。

 

当日のは、午前中に座学にて読図の基礎を学んだのち、午後はフィールドである近くの愛宕山へ向かい、実際に読図を体験していただきました。

 

午前中の座学では、地形図とにらめっこしながら尾根線と谷線を引いてみたり、コンパスを使って現在地や目的地への進行方向を確認する練習を行いました。

午後のフィールドでは、各所でコンパスを使った進行方向の確認や山座同定に挑戦。眺めている山は地形図上のどの山なのか?を確認しました。

 

冒頭挨拶(ビジターセンタースタッフ)
冒頭挨拶(ビジターセンタースタッフ)
地形図に尾根と沢を書きこむ
地形図に尾根と沢を書きこむ
山の説明にはプロジェクターを使用
山の説明にはプロジェクターを使用
座学のあとはフィールドへ、いざ実践!
座学のあとはフィールドへ、いざ実践!

参加された方は皆さんとても熱心に取り組まれており、「コンパスの使い方が分かるようになった」「楽しく読図学べた」など感想を頂くことができました。

今回の奥多摩登山塾をきっかけとして安全登山について関心を持っていただければ嬉しいです。

 

なお、同じ内容の読図講座を今年の秋(9月)にも開催する予定です。お申し込につきましては当ホームページ表紙の[イベント]バーをクリックするか、

こちら(https://www.okutama-vc.com/)からご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています!

 

2017年

4月

18日

【自然情報】春欄満の浅間尾根

こんにちは。

412日、浅間嶺にて環境省奥多摩自然保護官事務所のアクティブレンジャーと共に自然情報収集調査や登山道の状況確認を行いました。登山経路は払沢の滝入口バス停から出発し、時坂峠、浅間嶺を経て上川乗のバス停に下山しました。

 

上りの際、浅間尾根の麓では道沿いにスミレ類などの花々がよくみられ、浅間嶺の手前の登山道ではカタクリが見頃で、まさに春欄満という感じです。

浅間尾根に咲くカタクリ 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所
浅間尾根に咲くカタクリ 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所

浅間嶺山頂から眺める御前山は堂々とした姿をしていますね。

浅間嶺から眺める御前山 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所
浅間嶺から眺める御前山 写真提供:環境省 奥多摩自然保護官事務所

 下りは南秋川沿いの上川乗バス停へ向かいました。植林の中を行く道が多くなりますが、それほど急な道ではありませんでした。今回のコースで登山道に問題も見られず、早春の花々を楽しむには恰好のコースだと思います。皆さんもぜひ訪れてみてください!

2017年

4月

12日

自然教室ボランティア会主催「夏休みこども自然教室・夏の川遊びと生き物観察」 の詳細

楽しい夏休み、多摩川上流のきれいな川原で、水遊びしましょう。

 

開催日   2017730(日)

 

実施場所  多摩川、海沢川合流地点の川原

 

定員    小学生以上の子どもと保護者 15

 

参加費(バス代含む)  大人 700円  小学生400

 

締め切り  2017715日 必着

 

申し込み方法  往復はがきに、参加者全員の氏名・年齢・住所・緊急連絡電話番号を記載の上

        奥多摩ビジターセンターへ郵送してください。

 

持ち物   濡れてもよい服装(水着)と運動靴、着替え・雨具・帽子・飲料水・昼食・筆記用具など

 

集合    2017730(日) 930 奥多摩ビジターセンター集合

 

雨天中止  前日1700発表の気象庁天気予報で、当日9001800の降水確率50%で中止させていただきます。

            また、川の状況が悪いとき、雷雨予想があるときなども、中止することがあります。

 

解散    2017730日 1540

 

当日の流れ   930    奥多摩ビジターセンター集合、受付、挨拶。

        1015   徒歩で、川原まで移動。着替え。

        1030   川遊び、水生昆虫観察など。

        1200   川原で昼食、休憩

        1240   川遊び、水でっぽう、ゲームなど。

        1430   まとめ、着替え、かたずけ。

        1500   川原出発、バス乗車

        1540   奥多摩駅にて解散

 

 

子どもの川遊びは、危険を伴うため、安全上、予定された内容を変更して、行うことがあります。あらかじめ、ご承知おきください。

 

 


2017年

4月

11日

【自然情報】奥多摩湖のサクラ咲き始めました。【平成29年4月9日】

こんにちは。

4月9日に奥多摩湖のサクラが開花しているかどうか調査に行きました。

 

小雨が降る中、サクラの枝先をみてみると花がチラホラ…

枝先には開花直前の蕾もたくさんみられましたので、

暖かい晴れた日には一気に花を咲かせてくれると思われます。

 

チラホラと咲き始めました
チラホラと咲き始めました
開花直前の蕾
開花直前の蕾

 

奥多摩湖周辺には多くのサクラがみられます。

ドライブがてら、奥多摩に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

2017年

3月

22日

【自然情報】スプリングエフェメラルなガ

こんにちは。

先日(3/22)の朝、JR奥多摩駅のホームにて「春ならでは!」な早春の候に観察できる虫を見つけました。

その名も、シモフリトゲエダシャク。このガの仲間は、年一回早春の頃にだけ姿を現します。

本種もそのひとつで、春が近いことを実感させてくれます。

都心よりも季節の進行が遅い奥多摩ですが、1年のうち春にしか姿を見せない生きものたちを儚い妖精に見立てて

「スプリングエフェメラル」と呼ぶことがありますが、このガもまさにそのひとつといえるでしょう。

シモフリトゲエダシャク(JR奥多摩駅にて)
シモフリトゲエダシャク(JR奥多摩駅にて)

近年は、温暖化傾向によって冬の気温が上がったためか、以前よりも早く真冬の頃に現れる事例が多くなっているようです。

奥多摩では以前と変わることなく早春の今の時期に現れて春の到来を告げるシモフリトゲエダシャクですが、

そう遠くない未来には「ウィンターエフェメラル」となるかもしれませんね。