2016年

11月

11日

越冬中のルリタテハを見つけました【平成28年11月10日】

 11月10日、いつものように奥多摩ビジターセンター周辺を歩いていると、氷川渓谷の遊歩道にある休憩用東屋の屋根の軒先に黒いチョウが逆さまになってジッとしている姿を見つけました。近寄ってみると、ルリタテハではないですか!ルリタテハはタテハチョウ科のチョウで、成虫で越冬します。でも越冬中の姿を見ることはあまりありません。なんだか得した気分になりました。これから日に日に寒さが増してきますが、無事に春を迎えてもらいたいものです。

越冬中のルリタテハ
越冬中のルリタテハ

 チョウはルリタテハのように成虫で越冬する種類もいますが、種類によって卵で越冬するもの、幼虫で越冬するもの、蛹で越冬するものと様々です。また、チョウ以外にも成虫で越冬する虫はいます。テントウムシ、カメムシ、オサムシの仲間も成虫で越冬します。越冬中の虫を見つけた時は、夏に見る時とはまた違う気持ちが芽生えます。みなさんも越冬中の虫探し、してみませんか?

 

 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください 。