2016年

11月

10日

六ツ石山の紅葉を見てきました。【平成28年11月9日】

119()、秋の六ツ石山周辺状況を確認するため

実踏調査へ行ってきました。

日々色づく紅葉の状況が気になるところです。

 

今回の出発地点は西東京バス「奥多摩湖」バス停。

とても良いお天気のなか歩きはじめました。

 

水根沢から坂道を登っていくと、一気に標高が上がります。

奥多摩湖を見下ろすパノラマビューの中、大きく息を吸って・・・

 

        \いってきまーす!!/

日々、紅葉の進む景色を横目に、さらに登っていきます。

 

さて、気になる六ツ石山の紅葉状況ですが・・・、

 

ばっちり「見頃」でした。

六ツ石山の山頂付近では、すでに散っている木も目立ちましたが、

標高1000m付近の広葉樹林帯はとてもきれいに染まっています。

 

特に、水根沢からのスギ植林地帯を登りきった後の防火帯や

石尾根では赤に黄色に、とても賑やかな色合いが楽しめます。

スタッフも夢中で写真を撮影。。

 

視線を足元に向けると・・・、

あらきれい!色とりどりの葉っぱが落ちていました。

 

そして、同じく足元にはリンドウの花がありました。

山地でのお花探しはそろそろシーズンオフになるかもしれません。

お花たちとはしばらくお別れ、また来年の春が楽しみですね。

 

また、登山道では寒いのか、動けなくなっているスズメバチを発見。

頭を石の隙間に突っ込んで、じーっとしていました。

指でつつくと、うしろ脚を上げて「生きてるよー!」と弱々しく返事をしてくれました。

「最後まで頑張って生きるんだよ!」とエールを送りつつ先へ進みました。

人にも虫にも厳しく寒い季節が、もうすぐそこまでせまっています。

 

 

六ツ石山の紅葉もきれいですが、奥多摩駅周辺の紅葉も見頃を迎えようとしています。

 

彩りあざやかな奥多摩に、ぜひ遊びに来てくださいね。

 

 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください 。