2014年

10月

08日

台風18号の影響について【平成26年10月8日】

こんにちは。

 

先日、日本列島を直撃した台風18号の影響を報告します。

 

台風18号がもたらした大雨により、奥多摩湖南岸のいこいの路内で土砂崩落が発生したため、通行止めになりました。

また、氷川渓谷では多摩川が増水し、川岸に降りれなくなっている場所があります。

水量が増した氷川渓谷
水量が増した氷川渓谷

 

10月7日に浅間嶺(上川乗バス停~浅間嶺~時坂峠~払沢の滝入口バス停)の調査に行きましたが、

登山道に問題はありませんでした。

登山道は湿っているが、通行に問題なし。
登山道は湿っているが、通行に問題なし。
雨により沢の水量は多め。
雨により沢の水量は多め。

また、御岳山、三頭山周辺の登山道においても通行に問題はないという情報が入っております。

 

奥多摩地域において、今のところ大きな被害は見受けられませんが、来週には台風19号が接近する予報が出ております。

引き続き、気象情報に注意していただければと思います。

 

 

 

 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください