2014年

10月

01日

鳩ノ巣渓谷周辺の大型バス利用に関する道路・駐車場状況

こんにちは

鳩ノ巣渓谷周辺の駐車場や道路の状況について、大型バスでの利用の視線で調査をしました。

 

鳩ノ巣渓谷 下流側

鳩ノ巣駅前交差点

「鳩ノ巣駅前」交差点①

青梅街道(411号線)は二車線あるが、路肩部分は狭く安全に一時停車することは厳しい場所である。

「鳩ノ巣駅前」交差点②

実際に鳩ノ巣駅前に行くには、この狭い路地に入り直角に曲がるカーブを曲がる必要がある。

大型バスの侵入は困難。


鳩ノ巣トンネル脇 旧道入口

鳩ノ巣駅トンネル脇にある旧道入口。

鳩ノ巣トンネル脇 青梅街道旧道

旧道の様子。

工事関係者など、恒常的に路上駐車が多い場所である。

写真の奥の方は道幅がさらに狭くなっているため、大型バスの通り抜けは困難。


鳩ノ巣町営駐車場に入る交差点

鳩ノ巣町営駐車場に向かう交差点。

 

鳩ノ巣町営駐車場

鳩ノ巣町営駐車場

小型車は約30~40台駐車可能。

利用者が多いため、大型車の駐車は厳しく、また転回スペースなども無い。

 

 


鳩ノ巣渓谷 上流側

花折トンネル脇 旧道入口

花折トンネル脇にある旧道入口。

花折トンネル脇 青梅街道旧道

旧道の様子。

白丸ダムの駐車場に接している。

小型20台程度の駐車ができるが、大型車の駐車は厳しい。

旧道沿いは比較的路上駐車も少ないため、大型バスの通り抜けは可能。


古里駅周辺

古里駅入口

古里駅に入る交差点

古里駅上流側脇の角

古里駅脇のカーブ。

道幅が狭く、大型バスが曲がることは困難。


 以前の記事は「過去のブログ一覧」をご覧ください